高槻補聴器センタースタッフブログ

スタッフのつぶやき

すみたつと英語

●担当: すみたつ 2018年01月12日

こんにちは!

 

高槻補聴器センターのすみたつです!

 

 

1月4日から営業始まっており、たくさんの方に来ていただいて嬉しい限りです。

皆様本年もどうぞよろしくお願いします。

前回の投稿から時間がたってしまいましたが、また2018年もどんどん更新していきますね!

 

 

本日は、夏に始まった私の英会話の途中経過の報告です♪

まだまだ日常会話がスムーズにできるレベルではないですが、必死にくらいついています(笑)

言われたことを日本語に置き換えて答えてしまいます。

 

 

スクール以外に取り組んでいるのはコチラ!

 

 

中学レベルの単語と文法を音読しながら復習中です!

 

 

さてさてプライベートの話ばかりになっていますが、

英語をされている方も聴こえのお悩みがあれば、遠慮なくおっしゃってくださいね。

当社では他店様の補聴器の調整も喜んで承っております。

 

 

混雑時はご予約の方を優先させて頂いておりますので、

調整の際はご予約をおすすめ致します。

 

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

●担当: すみたつ ●カテゴリー: スタッフのつぶやき

高槻補聴器センターってどんな店?④ 私たちの補聴器フィッティング編

●担当: すみたつ 2017年11月17日

 

こんにちは!

高槻補聴器センターのすみたつです!

 

 

朝晩の冷え込みが冬が近づいているのを感じさせます。

食欲がますます強まります。

 

 

さてさて当店ご紹介シリーズもとうとう第4弾!!

前回はメンテナンスについてお話させて頂いたので今回は、

 

 

補聴器フィッティングについてご紹介したいと思います!

 

第①弾 店内の様子編はこちらをクリック

第②弾 スタッフ紹介編はこちらをクリック

第③弾 私たちの補聴器メンテナンス編はこちらをクリック

 

 

 

調整については細かい部分まではお伝えできませんが、

私たちがお店で行っていることを少しでもお伝えできればと思います。

 

 

前回の続きでメンテナンスが終わってから調整に入ります。

 

 

音のチェックを行い、聴力と補聴器から出ている音のズレがないか確認します。

当社では実際に音を聴き、クセを見抜くノウハウを持っています。

 

 

また、お客様の使用環境の中で、

どんな音が煩わしかったか、どんな場面で声が聞き取りづらかったかなどをお伺いし、

調整をしていきます。

 

 

お聞きした情報をもとにどの周波数のどの音なのかを判断し、

どのくらい上げるのか、または下げるのかを決めて調整していきます。

周波数についてはこちらをご覧ください

 

 

そして声や、物音を実際に聴いていただいて、お店で問題ないか確認します。

 

 

初めて補聴器を装用される方や補聴器を買い替えた場合などは、

きちんと快適に使いこなせるようになるまで、定期的に(目安1週間ごとに)調整をさせて頂いております。

※お客様のペースにお合わせします。

 

 

オーダーメイド補聴器や、耳掛け式補聴器のオーダーメイド耳栓は

装用時のフィット感や、自分の声の違和感を感じやすいため、

耳への当たり方なども細かいレベルで見させて頂いております。

 

耳掛け式のオーダーメイド耳栓をイヤモールドと呼びます。

 

 

オーダーメイド補聴器は一人ひとりの耳の形状に合わせます。

 

 

調整が終わればまた音のチェックを行いお客様に補聴器をお返しします。

 

 

もっともっとお伝えしたいことはありますが、

出し惜しみしてここまでです!(笑)

 

是非専門店の調整にお店にお越しくださいね。

他店様ご購入の補聴器も喜んで承ります。

 

 

混雑時はご予約様を優先させて頂いております。

初めてお越しの際はご予約をおススメ致します。

 

住吉辰哉、略してすみたつでした♪

映画って良いですね~

●担当: なかさん 2017年10月23日

こんにちは。

 

高槻補聴器センター店長のなかさんです。

 

昨晩の台風は暴風でしたが、ようやく雨から開放されましたね。

 

昨日は1日DVDにて【64 ロクヨン】を観ました。

 

(64 ロクヨン 公式サイトより) 

 

複雑に絡まり合った人間関係と警察内部の確執などが、豪華俳優陣の真に

 

迫った演技にて時間が経つのも忘れて引き込まれていました。 

 

やはり映画は俳優陣の細やかなセリフが聴こえる事で、味わいが大きくなり

 

ます。

 

もし最近、映画・テレビが聴こえにくいという方は高槻補聴器センター

 

ご相談下さい。

 

よく聴こえる事で映画・テレビの楽しさが違いますよ~

 

 

●担当: なかさん ●カテゴリー: スタッフのつぶやき

高槻補聴器センターってどんな店?③ 私たちの補聴器メンテナンス編

●担当: すみたつ 2017年10月05日

 

こんにちは!

高槻補聴器センターのすみたつです!

 

 

もう10月なんですねー。

この時期、

私はプロ野球クライマックスシリーズや日本シリーズが楽しみですねー!!

 

がんばれ!広島東洋カープ!!(タイガースファンの皆様すみません笑)

 

 

 

さてさて、これまでお店のご紹介として、

お店の様子、スタッフの人柄をお伝えさせて頂きました。

今回はご紹介シリーズ第3弾!

 

第①弾 店内の様子編はこちらをクリック

第②弾 スタッフ紹介編はこちらをクリック

 

 

今回は私たちの普段行っている、補聴器のアフターケアについてご紹介していきたいと思います。

 

 

まず、補聴器はお洋服のように買ってしまえばそれっきりというものではありません。

良い状態を保ち、長くお使い頂くためにはメンテナンスをすることが重要です。

 

 

まず、補聴器をお預かりし、

 

 

音のチェックを行います。

音割れがないか、音が弱くなっていないかを確認します。

 

 

 

そして、クリーニング行います。

表面を磨き、

 

 

耳垢が音の出口に付着している場合はバキュームで吸いとります。

 

 

場合によっては耳垢防止フィルターを交換します。(1ヶ¥100~)

 

 

耳掛式補聴器の場合は、

イヤモールドや既製の耳栓を超音波洗浄機で汚れを落とします。

 

 

それから真空乾燥機で補聴器を乾燥させます。

 

 

※補聴器は乾燥がかなり重要で、これを行った後は音のクリアさがまるで変わります!

ヒヤリングアートでは、1~2か月に1度メンテナンスにご来店いただくことをおすすめしておりますが、

久しぶりに来店された方は長めの乾燥を行っております。

 

 

乾燥が終わったら、再度音のチェックを行い、お客様に補聴器をお返しします。

この時、補聴器の調整があれば調整も行います。調整について詳しくはまたブログで公開しますね。

 

 

今回ご紹介させて頂いたのは、メンテナンスとしてはほんの一部。

スタンダードなクリーニングです。

 

※豊中店店長のもりぞーブログにはこんな記事も!

補聴器の艶出し加工

 

まだまだお見せしたいことも多いのですが、それは企業秘密ということで。

 

 

専門店ならではのプロのクリーニングを是非体験にお越しくださいね。

 

 

皆様のご来店、スタッフ一同お待ちしております。

 

 

住吉辰哉、略してすみたつでした♪

 

 

ピザ作り体験に参加しました!

●担当: なかさん 2017年10月02日

こんにちは。

 

高槻補聴器センター店長のなかさんです。

 

先日、ピザ窯・ピザ作り体験に行ってきました。

 

今回のピザ窯は簡易的なものでしたが、家でも作ってみたいものでした。

 

 

 

窯の中に火をつけた薪を投入。

 

窯の中の温度が300度以上になるまでの間にピザ作りを。

 

今回、和歌山のピザ屋さん ”イル リトロボ(il Ritrovo)”のシェフが

 

先生となり、親切・丁寧に教えて下さいました。

 

ピザの生地は先生が用意して下さっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  先生がピザを焼いて下さいます。

 

 

 

美味しいピザの出来上がり。

 

 

自宅でもピザ窯でピザを焼けたら最高です。

 

この秋にチャレンジしてみます!

●担当: なかさん ●カテゴリー: スタッフのつぶやき
« 前の記事を見る
Scroll Up